住宅ローン借り換えでも保険は必要?

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
この保険の詳しい内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。
住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。
借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。
借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。
ですが、借り換えは誰でもメリットがある訳ではありません。
理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。
無料で借り換えができる。
という所は少ないでしょう。
借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。
フラット35という名前の住宅ローンローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ厳しい審査が待っています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はフラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

住宅ローンの借り換えで金利の条件は?