青汁は骨粗鬆症対策になりうるか?

骨粗鬆症は、骨に含まれているカルシウムの量が減って、骨がもろくなる病気です。
骨に含まれるカルシウムの量は、別名骨量とも呼ばれ骨の重さの50%を占めています。
青汁には、健康な骨のために欠かせないカルシウムがふんだんに含まれています。
骨が元の状態に戻るまで時間がかかる上、完全に骨が正常な状態に戻らない場合もあります。
骨粗鬆症を予防するには、青汁のようなカルシウムが豊富な健康食品を欠かさず摂って、カルシウム不足を予防するのが一番です。
青汁に含まれているカルシウムを効果的に摂取する方法をお教えしましょう。
「骨は夜、痩せる」という言葉があります。
この夜の上昇分は、骨からカルシウムが溶け出して、血液中のカルシウム濃度を正常に保とうとするためだと言われています。
つまり、夜中に血液中のカルシウムが上昇する現象の代償として、骨からカルシウムが奪われて痩せしまうのです。
骨が痩せる状態が続くと、骨に含まれるカルシウムはどんどん血液中に移動して、骨のカルシウム不足が進行してしまいます。
夜、就寝前のカルシウム補給で、寝ている間に行われているカルシウム移動による骨のカルシウム不足を補ってあげましょう。
青汁に含まれているカルシウムの量は、コップ一杯で約200mg。
http://www.aojiru-kenkou-review.com/