ETCカードの年会費に関する注意点とポイントは?

皆さんはETC カードを申し込む際にどういった部分をチェックしてカードの発行申請をしましたか?所持しているクレカからそのまま発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここでは現在ETCカードを持っていない方に向けて他の方がカードを作ったときにどういった面を見て作ったのかを調べてみました。

高速道路を利用することが少ない方は年会費や更新費用がかからないETCカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費無料カードの中でもカード特典で一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや事業用と私用でカードを分けるために複数枚作る方もいるようです。

この前、インターネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使って現金レーンでの支払いができるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払い処理ができるようですが基本的にはETCは無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の入口から出口の走行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所のスタッフに「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを渡して処理後車載器に挿入してください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

最近ETCカードの作成について調べていたところあまり知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードで高速道路の利用は可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば処理してくれるので通行可能になります。

料金所スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由としての人件費削減や渋滞の解消が目的とした部分が手渡しでは意味がありません。

そのため通常の利用額に応じたポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことやお得なETC割引が使えないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は損しないために車載器を付けましょう。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカードなど様々な支払い方法が選べます。

最近ETCカードについて調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカード利用時の付帯ポイントが2倍になるなどのお得な特典がつくカードもあるようです。

例えば、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車に乗られる方や高速道路を使う方は給油時・スタンド利用時の特典がついたカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに違うのでいろいろ調べてお得なカードを見つけてください。

知っている前提で話が進んでいて何となくでしかわかっていないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方って曖昧に覚えていませんか。

ネクスコのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿れますがオモテ面ウラ面などカードの向きに気をつけてください。

ETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで料金所係員の指示に従うようにしましょう。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のホームページに掲載されている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約90%の車で使われていたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

割引額に関しても東京湾アクアラインではETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとETCを使っていないと損している気分になりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時に申し込みができます。

車に乗る機会が多い方は持っていると便利なETCカードを作っていますか?免許を取ったばかりの方の中にはまだカードを持っていない方もいると思います。

現在、クレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが特典を見てサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうと思っている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路をあまり利用しない方なら年会費無料のライフカードがいいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率が高めに設定されている楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったお得なカードを探してください。

買い物などの様々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速を利用しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様に付与されます。

還元率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、基本的には付与率が減少していることが多いようです。

また、最近は少ないですが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用するなど皆さんの生活環境から選ぶようにしましょう。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを使っていると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できることや料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

例えば、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは一般レーンでの現金支払い料金が3090円なのに対してETC無線通行の利用では800円と2000円以上違います。

また、親となるクレジットカードによってはガソリン給油時の割引などがついているカードもあります。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法で支払いをしますか?一般レーンで現金・クレカ払いの人もまだいますが多くの方はETCカードを使ってのスムーズに通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用でどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最大のメリットとして、料金所で券や現金を係員とやりとりする必要がなくなり料金所渋滞を気にしなくていいことではないでしょうか。

もう一つの大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例に挙げると割引前は現金・クレカ支払いの普通車料金が約3000円のところ、割引適用でETCレーンでは800円と半額以下になります。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときでもETCレーンなら比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレカを申し込む必要があり、クレカをすでに所持している場合はそのまま追加申し込みをして問題ないですが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、各カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったクレジットカード・ETCカードを探してみてください。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを作っていなく銀行のキャッシュカードしか手元にないという方はクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合もあるのでその場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCレーンを通過するときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまったという状況の時に出口でゲートが開かず通れなくなってしまうからです。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って長期休暇に遠出をしたいと思っている方もいると思います。

新大学生など免許取り立ての方の多くはETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで手に入るの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの作り方について解説します。

まず最初にETCカードはsuicaのように購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

クレカなどのように申し込みをして取得するものになります。

高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと呼ばれるものともしすでにクレカをお持ちでETC対応の会社なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が流行っているそうです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードを使おうと思う方多いと思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで利用履歴を見ようと思ったときのために事前準備をしましょう。

利用照会サービスでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」など4つの情報が必要になります。

レンタカーの車載器管理番号などETCカードの登録を自家用車などですでに行っている、もしくは1度登録したカードについては複数車両で利用するときの登録は不要になります。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカの所持について不安でETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは発行時にデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額(4万円前後が多い)を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできればクレヒスに問題があるなど何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードの2倍近く高いです。

引用:ETCカード年会費無料のおすすめ11選【2018年最新】